白血球の種類

白血球の種類と役割がかなり凄いらしい!?

一言で白血球と言いますが、ウイルスや病原体から
守る多くの仲間で結成したのが免疫と呼ばれています。

 

まず、白血球の約50%を占めているのが
「顆粒球」と呼ばれており、好酸球・好中球・好塩基球の
3種類にわけられます。

 

・好酸球の役割は、寄生虫に対する生体防衛に関係していると
言われています。

 

・好中球の役割は、殺菌作用です。切り傷などで、切り口から
殺菌が侵入しようとしますが、好中球が集まり細菌を退治します。

 

・好塩基球は、好酸球と同様の貧食細胞です。

 

次に、ほかの免疫力に関する仲間を紹介させていただきます。

 

・マクロファージは、常に先頭に配置しており異物の侵入を
食い止める働き者の白血球です。

 

そして、マクロファージは包み込んだ異物が有害か無害か
判断し、司令塔に連絡する働きがあります。

 

今までに経験したことがない異物の場合は、マクロファージの
連絡により司令塔が新たな攻撃を加えることになります。

 

・ヘルパーT細胞は、免疫の司令塔と呼ばれている白血球です。

 

先頭を守っているマクロファージからの連絡で、攻撃を
加える役目を持っています。

 

・B細胞は、ヘルパーT細胞から指令をうけ有害物質を退治する
ための抗体を作り血液中に流し込みます。

 

もし、一度でも退治したころがある抗体は、再び侵入された
時のために準備をさせる細胞もあります。

 

 

・メモリーT細胞は、侵入してきた敵の情報を記憶している細胞です。

 

・サプレッサーT細胞は、免疫細胞が敵を退治させると同時に
働き始めます。

 

敵が全滅したことをほかの細胞に教え、活動を止めさせるように
します。

 

・キラーT細胞は、その名の通りウイルスや細菌が体の中に
侵入してきたら、どこまででも追いかけて攻撃する強い細胞です。

 

・ナチュラルキラー(NK)細胞は、他の細胞達と連携をとらず
独断の判断で侵入者を撃退する細胞です。

 

というように、白血球には多くの種類が存在しそれぞれ
役割も異なります。

 

私たちの体を病原体やウイルスから守ってくれる頼もしい
細胞達なのです!

 

そんな頼もしい免疫力を最大限に摂取できる食材は
>>プロポリスの約1000倍の免疫活性率はコチラの記事
をご覧くださいね。