風邪対策は免疫

私の風邪対策は免疫力強化が大切!?

私の風邪対策は免疫力強化を意識してるんですが、
一番効果があるのは葛根湯です。

 

葛根湯っていうのは漢方薬の一つなんですが、これが風邪にものすごく
効果があります。

 

そうは言っても葛根湯を飲んでも風邪には効果がなかったよって人もいると
思いますし、効果にはかなりの個人差があります。

 

なぜ個人差があるかというと、体質もあるんですが飲むタイミングが重要なんです。

 

まず葛根湯というのは、風邪が酷くなる前に飲むものなんです。

 

お勧めの服用方法は喉の調子がちょっと悪いなって感じたり、妙に寒気がするって時に
飲みます。

 

風邪を引いたのでなく、引きそうかなって時に飲んでおくことが重要です。

 

一歩進んで今日は疲れてるから飲もうってぐらいでもOKです。

 

それと飲むタイミングです。

 

西洋薬って食後に飲むのが多いので葛根湯も食後にって勘違いしがちですが、
葛根湯の場合は食前や空腹時の服用がほとんどです。

 

逆に効果のない飲み方は風邪の症状が悪化して熱が出てる時とかです。

 

熱が出てしまったら葛根湯を飲んでもほぼ効果は出ないので注意しましょう。

 

葛根湯を飲んでも効かないって人は大体こういう時に飲んでる人に多いんです。

 

体の免疫力っていうのは体温が上昇してる時が高まるわけで、風邪のウィルス(インフルエンザ含む)が
体内で増殖する前の段階で叩いてしまおうっていうのが葛根湯の目的です。

 

葛根湯により意識的に体温を上げて免疫力をあげるわけです。

 

もう一つ気をつけてるのが、食べ物です。

 

いくら葛根湯を飲んでも食事量が少ないと体温を高めることが出来ません。

 

普段体温が高い人でもダイエットで食事制限をしてる時って体温が下がりますし、
手足の冷えも気になったりします。

 

こういう状態ではいくら葛根湯を飲んでも体温を上昇させることが出来ません。

 

ですので、熱を生み出すのに適したものを食べるようにしてます。

 

有名なので言えば生姜です。

 

葛根湯にも生薬として生姜(ショウキョウ)という名前で含まれているほどで、昔から効果が
あると注目されてきた食べ物です。

 

炭水化物もお勧めです。

 

ご飯やパンはカロリーが高くて控えるって方も多いですが、炭水化物は
すごく燃焼しやすいのが特徴です。

 

私の場合食後30分もすれば手の平がものすごく熱くなって冷たいものを
触りたくなってしまうほどの発熱量です。

 

体温を上げて免疫力を高めることで風邪対策が出来るわけです。

 

理想は筋肉を多くつけて発熱量を上げることが一番の風邪対策(ボディビルダーは風邪ほほとんど引かない)
なんですが、そこまでは私も無理なので体温を高めて免疫力をアップさせることで風邪対策としてしてます。

 

そして、風邪を予防したいと思っている方は
健康診断で白血球が少ないの記事を参考にしてください。